【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。



【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:20190310

最近、減量のために、
ヘルシーな食生活に変える方が増えてきていますが、
食事スタイルの一つとして、
菜食主義やマクロビオティックを始める方も増えていますよね。

50代に入っても、美しい体質をキープしている
マドンナが行っていることで有名になったマクロビオティックですが、
基本は菜食主義です。

ところが、このマクロビオティックは、
かなりの食事制限があり、専門的な知識がなければ、
マクロビオティックは実行できません。

マドンナのようなセレブであれば、
マクロビオティックの知識がある調理人に、
朝方午後23時と、
食事のすべてを任せることも可能ですが、
普通にマクロビオティックを行うことは難しいことなんです。

基本的に、菜食主義は食事のメニューは野菜中心です。

菜食主義は、生活習慣病防止に効果的ですが、
過剰に野菜中心になると、リスクがあるんですよね。

肉、魚、乳製品をはじめとした動物性タンパク質を、
全く摂らない菜食主義は、体質によっては、
健康を維持できなくなったり、逆に太ってしまう危険性もあるのです。
これでは、減量に逆効果です!

菜食主義でも太る危険性があるのは、
脂肪を燃やしてくれる筋肉が落ちるからです。

筋肉が乏しいと、脂肪が燃えにくくなってしまいますので、
減量を成功させるためには、
最低でも一食あたり、手のひらに乗る程度のタンパク質は必要なんです。

また、野菜から鉄分を吸収することが上手くできない体質の方が、
「健康と減量に良さそうだから」と、
菜食主義を徹底して行い、貧血を起こし始めることもあります。

体質などによっては、
菜食主義が健康的な減量だとは言えないのです!

美しく減量するためには、
何でも食べないといけないんですね!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^